プレステ2 本体バリエーション

本体バリエーション

SCPH-10000台
SCPH-10000(2000年3月4日〜39800円):最初に発売されたモデル。
SCPH-15000(2000年6月15日〜39800円):生産性向上・ユーティリティディスク1.00対策などのマイナーチェンジ
SCPH-18000(2000年12月8日〜39800円):リモコン対応版DVD再生ソフトを本体に内蔵・リモコン同梱・DVDビデオ再生時にRGBケーブル使用制限

SCPH-30000台
SCPH-30000(2001年4月18日〜OpenPrice、6/29から35000円、11/29から29800円、2002年5/16から再びOpenPrice):PCカードスロット廃止・拡張(エクスパンション)ベイ追加・EEとGSが0.18μm化・ファン騒音増加。また、トレイ開閉時のモーター音が増加。内部的にもハードディスクの接続を見越した部分がある(ハードウェア側ではアクセスランプの内蔵、ソフトウェア側では拡張ベイ部分のドライバの内蔵(PlayStation BB Unit使用時にメモリーカードにドライバを組み込む必要がない))
SCPH-35000 GT(2001年6月8日〜39800円):SCPH-30000にグランツーリスモ3を同梱したセット
SCPH-37000 L(2002年7月19日〜30000円):本体色がOceanBlueのバージョン。縦置きスタンド・リモコン同梱。消費電力が39Wに低下。
SCPH-37000 G(2002年8月1日〜30000円):本体色がZenBlackのバージョン。その他の特徴はSCPH-37000 Lと同じ。
SCPH-39000(2002年11月21日〜OpenPrice):コスト削減などのマイナーチェンジ。
SCPH-39000RCラチェット&クランク同梱

SCPH-50000台
SCPH-50000(2003年5月15日〜25000円):i.LINK端子が削除。リモコン受光部を内蔵。30%の静音化。DVDドライブがDVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RWに対応。DVDビデオのプログレッシブ出力に対応。
SCPH-50000 MB/NH(2003年6月12日〜35000円、2003年11月13日から29800円、2004年11月3日から24800円):PlayStation 2 BB Pack。本体色がミッドナイトブルーのSCPH-50000にPlayStation BB Unitを標準装備したセット。同色の縦置きスタンドを同梱。
SCPH-50000 NB(2003年11月13日〜19800円):本体色がミッドナイトブラック(半透明黒)に変更。
SCPH-55000 GU(2003年12月4日〜35000円):機動戦士Ζガンダム百式ゴールド・パック。本体色がゴールド。『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ』、大河原邦男デザインの特製縦置きスタンド等を同梱。
SCPH-55000 GT(2003年12月4日〜22000円):本体色がセラミックホワイト。グランツーリスモ4プロローグ版同梱。
200px-Ps2_scph70000.jpg
プレイステーション2(SCPH-70000)
SCPH-70000台
SCPH-70000 CB(2004年11月3日〜オープン価格):従来機より体積比約4分の1(従来の23%)、重さ約半分(従来の45%)のコンパクトボディ。本体色はチャコールブラック。ネットワーク接続機能(100BASE-TX)標準装備。HDD非対応。トップローディング方式への変更。また、CPUとGPUのワンチップ化が行われた。
SCPH-70000 CW(2005年5月26日〜オープン価格):機能は先に発売された「SCPH-70000 CB」と変化はなく、本体色の違いのみである。本体色はセラミックホワイト。
SCPH-75000 SSS(2005年11月23日〜オープン価格):機能は先に発売された「SCPH-70000 CW」と変化はなく、本体色がサテン・シルバーになっただけだが、これ以降の型番のハードでは正常に動作しないソフトが存在する。
SCPH-75000 FF(2006年3月16日〜オープン価格):「PlayStation 2 FINAL FANTASY XII Pack」。スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーXII」をセットにしたパッケージ。本体色はチャコール・ブラックでそこにFFXIIに登場するジャッジマスターの紋章がデザインされている。本体の機能は「SCPH-75000 SSS」に準ずる。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。