プレステ CD-ROM 

thumb.jpg

プレイステーション用CD-ROMの裏面は黒い

CD-ROM
プレイステーション用CD-ROMの裏面は黒い一般的なCD-ROM媒体とは異なり、記録面が黒いことが特徴である。これについてユーザーの間で、余計な反射を減らすことで読み取り精度を高めているとか、偽造DISCとの見分けが付くようにしているなどと噂された。

しかしソニーによると、子供が誤ってオーディオ機器で再生しようとしないように通常のCDとプレイステーション専用のCDとの見分けがつきやすくしたとのことである(同様の理由でPS2用CD-ROMは青色にされている)。

通常のCD-ROM規格では読み書きを行わない領域に、特殊なデータが記録されており、正規メディアを判別している。しかし、その部分も読み込むコピーソフト等であれば、判別はできない。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。